トリキュラーを手に取るイメージ

避妊目的で服用することが多いトリキュラーなどの低用量ピル、日本で購入する場合にはまず医療機関を受診することが第一のステップとなります。
というのも、日本の場合、低用量ピルのような医薬品は安全に服用するために医師の指示がないと購入できないと法律で決まっています。
例えそれが避妊目的であったとしても体のことを考慮すればこの手順が必須となるわけです。
とはいえ、トリキュラーの場合、個人で購入する方法もないわけではありません。
医療機関を通さず、通販を用いるこの方法、費用面でも節約ができますし何より手間がかからないため、薬を常備しておきたいという女性には打ってつけの方法となります。
もちろん、初めてのトリキュラー服用というのであれば医療機関での購入がおすすめですが、ある程度服用を続けている人であれば何ら問題はありません。

トリキュラーの効果を紹介

生理前で具合が悪くなった女性トリキュラーは低用量ピルの一種でピルの中でもとりわけ日本人の体格に向いた性質を持っているエチニルエストラジオールが配合されている薬です。
ピルといえば、避妊のために服用するケースが知られていますが、実は使い方はそれだけではありません。
例えばニキビや肌荒れの原因であるホルモンバランスの乱れ、月経前の不快な症状、こうしたケースもトリキュラーのような低用量ピルで解決することが出来ます。
こうした症状はそのほとんどが女性ホルモンの分泌異常によって引き起こされます。
つまり、ピルによってバランスを正常な状態に維持できれば体の中から自然と症状を改善していくことができるというわけです。

トリキュラーの避妊効果の仕組み

そもそも、トリキュラーはどういった仕組みで避妊効果が得られるのでしょうか。
それは低用量ピルに含まれる黄体ホルモン、卵胞ホルモンという二つのホルモンが関係しています。
これは女性が分泌している代表的なホルモンで、時期によってその分泌バランスは変化していきます。

この変化によって女性の体は排卵を起こしたり、妊娠に向けて子宮内膜を厚くしていったりと準備をしていくことになります。
その後、受精が起きなかった場合にはそのまま子宮内膜が剥がれ落ち、それが月経へと繋がっていきます。

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは第2世代3相性に分類され、この月経前のホルモンバランスをピルに含まれるホルモン含有量によって再現していきます。
つまり、身体は知らず知らずのうちにホルモンの影響で排卵が起こったと勘違いしてしまうわけです。

これによって避妊効果を高めることが出来ます。
そもそもの排卵自体が起きないわけですから、妊娠することは限りなく少なくなるというわけです。
もちろん、この避妊効果はトリキュラーを正しく服用することで得られますが、安全に望まぬ妊娠を避けたい、より確実な方法を選びたいというのであればこの方法がおすすめです。

第2世代の低用量ピルの特徴

トリキュラーは先にも挙げたように第2世代3相性の低用量ピルです。
この第2世代3相性のピルはホルモンバランスの変化が3回あるということで、第1世代のピルに比べて黄体ホルモンの含有量が少なくなっています
この黄体ホルモンの含有量を減らすことで第1世代に多かったピル服用による副作用を極限まで少なくすることができるとされています。

第2世代3相性のトリキュラーのようなピルは錠剤の種類自体が3種類あるため、その飲み忘れ、飲み間違いには特に注意しなければいけません。
飲み間違いを防ぐために、ピルシートにはしっかりと飲み方が明記されていますし、錠剤もわかりやすく色分けされています。

飲み忘れた時の対処方法

飲み忘れに関してはそのタイミングによって対処の方法が異なってきます。
飲み忘れが24時間以内であれば気が付いた時点でピルを服用すれば避妊効果に違いはありません。
ただ、飲み忘れが2回以上続いた場合にはその時点でトリキュラーの避妊効果が期待できなくなります。

この場合はその時点で服用していたピルシートを処分、一度月経が起きてから新しいピルシートの服用を始めていきます。
飲み忘れが比較的初期の段階であればその分錠剤が無駄になってしまうわけです。
避妊効果を考慮すれば残った錠剤は処分するしか方法がないため、費用面を考慮するのであればとりわけ飲み忘れには注意しなければいけません。

避妊確率についての認識

さらに、服用のタイミングがずれてしっかりピルが効いているのか不安だという場合、安全を考慮してコンドームなど、他の避妊方法も組み合わせていくことが大切です。
望まぬ妊娠を避けることはもちろんですが、低用量ピルにどの程度の効き目があるのかしっかり把握してから服用することがポイントになってきます。

トリキュラーの避妊効果は非常に高いとは言われていますが、それはあくまで飲み忘れや飲み間違いがない状態での話です。
どんな方法でも100パーセントの避妊はできない事、これだけは押さえておきましょう。

トリキュラーは避妊以外の効果もある

肌を鏡で見ている女性トリキュラーは先にも挙げたように、避妊以外の効果も認められています。
月経前になるといきなり肌の状態が悪くなり、肌荒れやニキビ、吹き出物が増えてくるという人も中にはいます。
これは女性ホルモンの影響が大いに考えられます。

変に化粧品を変えたり、その都度対処していくよりも、体の中から体質を変えた方が効果は得られます。
寧ろ、一から化粧品をそろえたり、その時々でスキンケアの方法を変えるとなると必要以上にお金がかかってしまいます。
ある程度時間とお金の余裕がある人であればいいですが、そうでない人の場合には今回のように低用量ピルを用いるのもおすすめの方法となるわけです。

低用量ピルの副作用

第2世代3相性の低用量ピルはそのホルモン成分の特性上、男性化の症状が出やすいというデメリットがあります。
男性化症状とは、具体的に言えばニキビが出てきたり、体毛が濃くなったりといったものです。
もちろん、すべての人に症状があらわれるというわけではありません。
第2世代3相性の低用量ピルはその3種類の錠剤で成分に変化を付けることで、その症状を緩和しています。

つまり、必要以上に心配することはないということです。
むしろ、トリキュラーなどの第2世代3相性の低用量ピルは他の世代に比べて副作用が極端に少ないことで知られています。
あらゆる工夫がなされていて、さらには安全性にも考慮されている、服用するにあたって魅力となる点は多くあります。

月経に関する諸症状の改善効果

トリキュラーのような低用量ピルは月経痛も軽減できます。また、月経前の不快な症状も改善することができます。
先にも挙げたように、女性の体には毎月のように訪れる排卵、月経などによってさまざまな症状があらわれます。
ホルモン分泌によって体が変化していく、これが過度になれば負担は大きくなりますし、結果的に日常生活に支障がでたり、精神面でのストレスが増大します。

トリキュラーは3種類の錠剤によってその期間中のホルモンバランスを一定に保つことが出来ます。
これは月経前の諸症状に悩まされている女性には大切なことで、ホルモンバランスが一定になるだけでも体は安定していきます。

もちろん、ピルの服用を初めてすぐに症状が改善されるというわけではありません。
ですが、服用を続けるうちにピルに含まれるホルモン成分にも体が慣れ、症状は自然と改善されていきます。

ピルを使わない場合・・・

月経前の諸症状を自分で解消しようとすれば、無理に生活習慣を変えてみたり、食生活、睡眠時間に気を配る必要があります。
もちろん、健康な体作りのためにこうした工夫は必要ではありますが、仕事やプライベートに忙しい女性にとってこうした工夫こそがストレスの発端となる可能性もあります。

本来、女性ホルモンのバランスはちょっとした疲れ、ストレスでも乱れてしまう繊細なものです。
健康になろうと努力することでストレスが増大してしまえば本末転倒、できるだけ負担の少ない方法で対処していくことが大切です。

トリキュラーは個人輸入で購入できる

そういった点で考えても、トリキュラーのような低用量ピルは安全性も高く安心です。
毎日服用しなければ成分の効き目がないという点には注意が必要ですが、それを差し引いたとしても手軽に複数の効果が得られる低用量ピルは服用するに越したことはありません。

トリキュラーは先にも挙げたように通販でも購入することが出来ます。
医療機関を受診せずとも、成分が同じ低用量ピルを常備することが出来るのですから、手軽さでいえばこれに勝るものはありません。
購入の段階から余計なストレスがないというわけです。

トリキュラーを個人で購入する場合、通販サイトを利用するわけですが、その際、まとめ買いなど工夫をすることでさらに負担を軽減していくことが出来ます。
もちろん、医薬品なので自分が使用する以上にまとめ買いするのは勧められませんが、常識の範囲内であれば手間と負担を減らす工夫も必要です。

トリキュラーを使用している女性はどれくらいいる?

トリキュラーは先にも挙げたように、日本人の体格に合ったホルモン成分の含有量で、服用の方法も非常に簡単です。
しかも副作用が他の低用量ピルに比べて少ないことが一番の魅力となります。

避妊目的のピルには世代によって特徴が異なり、その中でも比較的多くの医療機関で使用されているのが第2世代のピルです。
さらに、1相性、2相性、3相性と種類がありますが、やはり体への負担が少ないことを第一に考えるのであれば3相性で成分に変化を付けているものがお勧めになってきます。

医療機関で患者に使用するにしても、当然のことながら体への負担が少ないものをチョイスしていくことになります。
現在のところ、その代表格となっているのがトリキュラーというわけです。
日本でも多く出回っている低用量ピルだからこそ、需要は非常に高く、使用している女性も少なくありません。

日本におけるピルの普及は少ない

実際、低用量ピルを服用している人は世界に1億人以上いるとされています。
その中には避妊以外の目的で服用を続けている人もいますが、大半は望まぬ妊娠を避けるために服用をしています。
それに比べて日本での女性の使用率はどの程度なのでしょうか。

実は、日本の場合いまだピルへの理解が進んでいないためか、世界に比べてその使用は進んでいません。
もちろん、最近では若い世代でもピルを服用する人が増えてきてはいます。
治療目的の場合でも避妊が目的の場合でも、トリキュラーをはじめとする低用量ピルは少しずつ普及しているわけです。

日本でピルの普及が進まない理由

ただ、やはり世界に比べるとその普及が進まない、その理由の一つとしてピルの副作用への誤解があります。
低用量ピルを服用すると副作用があらわれる、人によってはそれが怖かったり、後々になって妊娠や出産に影響があるのではと不安視したりするケースがあります。

とはいえ、先に挙げたように第2世代3相性の低用量ピルであれば副作用は極限まで抑えられています。
もしも飲み始めの段階で副作用があらわれたとしても、それは服用を数か月と続けることで収まっていきます。
そこまで不安視するような副作用はそもそも存在していないわけです。
ですが、一度日本人女性についてしまったピルのイメージを払拭できるまでには至っていないのが現実です。

ピルは妊娠や出産に影響は出ない

低用量ピルを長期にわたって服用していたとしても、その後の妊娠、出産には何ら問題はありません
寧ろ、低用量ピルを一旦中止したとき、その反動で排卵が活発に行われて妊娠しやすくなるという話もあるほどです。

低用量ピルを服用しているから飲み終わってからも服用できないということは一切ありません。
低用量ピルは基本的に、服用を止めればその効果が切れますし、その後の妊娠、出産に関しても何ら支障はありません。
変な誤解を広めないためにも、トリキュラーを使用する際にはこの点をしっかり押さえておきましょう。

トリキュラーの通販購入がオススメ

トリキュラーは先にも挙げたように通販サイトで購入することが出来ます。
寧ろ、この手軽さが売りでトリキュラーを積極的に購入する女性は日本でも増えてきています。
いまだ誤解している女性は少なからずいますが、それでも、売り上げが伸びている背景を見れば、それだけトリキュラーが日本女性に受け入れられつつあるということがわかります。

通販を利用するうえでの注意点

通販サイトで医薬品を購入する場合、注意すべきはそのサイトの信用性です。
すべてのサイトがそうというわけではありませんが、極端に金額が安いサイトの場合サービスに不備があったり問い合わせに対応していないところも出てきます。

もちろん、こうした医薬品を通販サイトを使って購入するとその発送は海外からとなるため、手元に届くまでに時間がかかることはあります。
それでも、対応がしっかりしているところ、アフターサービスに優れているところであれば、安心感は桁違いですし、長く続けるにしても継続的に利用できます。

トリキュラーを常備する場合、安心を求めるためにも利用する通販サイト選びは重要になってきます。
口コミや評価、サイトの詳細を確認しながら見定めていくことからはじめていきましょう。