トリキュラーの副作用には注意しましょう

腹痛トリキュラーは第三世代に分類されるピルで、副作用が少ないことでも知られています。
ただ、副作用が少ないといってもまったくないわけではなく、人によってはとりわけ注意していかなければいけない点もあります。
というのも、トリキュラーをはじめとするピルには排卵を止めることが出来る黄体ホルモン、そしてその効き目を強くする卵胞ホルモンが含まれています。
この二つのホルモンは女性の体の中で実際に分泌されているもので、両者をバランスよく生かすことでより確実に効き目を実感することが出来るわけです。

ただ、この二つのホルモン剤は効き目が強い反面、血管を細く収縮させてしまったり、血液の状態をドロドロにしやすくするなど、問題点もあります。
ごくごく軽度の症状であれば、普段の食生活や生活環境の改善によって状態を回復していくことも可能です。
これが持病持ちであったり、元々の体質として血管や血液の状態が良くない人であれば注意が必用です。
トリキュラーなどのピルの服用によって血管や血液の状態が悪化していき、結果的に血栓ができやすくなってしまうわけです。

トリキュラーなどのピルには初期の副作用として吐き気や胸の張り、頭痛や腹痛などの症状が挙げられます。
これら軽度の症状であれば、それは体がそのホルモン剤に慣れていないから起こるものだと判断できます。
むしろ、ピルの服用で吐き気や胸の張り、頭痛や腹痛がなどの症状が出るのはごくごく一般的で、トリキュラーの場合でも服用を続けることで徐々に症状は治まっていきます。
これは体がピルに含まれるホルモン剤に慣れていくからで、症状が重症化しなければさほど気にすることもありません。

ただ、トリキュラーなどのピルを服用して、明らかに重症な状態、嘔吐や発疹、蕁麻疹が起こった際には注意が必要です。
血栓症の他にも、急なホルモンバランスの変化、体質の変化で、身体が拒否反応を示している可能性もあります。
ごくごく軽度であれば様子を見てもいいですが、あまりにもひどい嘔吐や発疹、蕁麻疹があれば早急に医療機関で相談してみるようにしましょう。

トリキュラーの副作用で血栓症が発生する可能性がある

トリキュラーの副作用として、先に挙げたように血栓ができやすくなるという点は注意しておかなければいけません。
副作用が出ているのにもかかわらず、服用を続けることによって血栓症などの重篤な病気につながる可能性もあります。

血栓症はその血栓ができる部位によって心筋梗塞や脳梗塞など、大きな病を引き起こします。
時には意識を失ったり、大掛かりな手術が必要になることもあるわけです。
もちろん、トリキュラーを服用したからといってすべての人がそうなるというわけではありません。
少なくとも最初のうちは定期的に医療機関での検診を受けて状態を見極めることが大切になってきます。

トリキュラーの服用中によくありがちな副作用として、不正出血などもありますが、この点に関しては錠剤の飲み方が原因の可能性もあります。
トリキュラーは毎日同じ時間帯に服用を続けることで初めて効きはじめます。
ただ、服用の時間がずれてしまったり、あるいは身体が薬の効き目に慣れていない時には子宮内膜が剥がれ落ちてしまい、結果的に不正出血が起きてしまいます。
一般的には2、3シートと服用を続ければ不正出血も収まっていきますが、この症状の他に、副作用と思われる症状が重なっている場合には別の対処が必要です。

この場合、やはり体にそのピルが合っていないことも考えられます。
体質によって合う合わないが出ることは致し方ないこと、身体に良いのか悪いのかについては医師の状況判断が必要です。

トリキュラーは個人輸入という形で医療機関以外でも購入することはできます。
ただ、こうした理由から、最初のうちはもしものことがあってもすぐに対応できるように医療機関を利用するようにしましょう。
信頼できる担当医との関係を前もって作っていくことが、女性にとっては大切になってきます。