トリキュラーの正しい服用方法について

トリキュラーは月経1日目から服用を始めてその日から避妊効果を得ることが出来ます。
毎日継続的に飲み続けることでその避妊効果は持続され、毎月決まったタイミングで生理が訪れるため、生理周期が乱れがちな人にもうってつけです。

トリキュラーの服用方法は非常にシンプルで、月経1日目に服用を始めた後、シートの矢印通りに1日一粒を服用していきます。
トリキュラーには1シート21錠のタイプと1シート28錠入っているタイプと2種類があります。

両者とも月経1日目に服用を始める点は同じです。
両者とも、期間ごとに錠剤が色分けされていますが、これは錠剤に含まれるホルモン含有量の違いで、段階的に変化を持たせることで確実に排卵を止めることが出来ます。

基本的にシートの表示通りに服用を進めていけば何ら問題はないのですが、21錠タイプのトリキュラーは21日間服用を続けた後、薬を飲まない期間を1週間設けます。
そしてこの1週間が過ぎてから新しいシートの錠剤を服用し始めるわけです。

それに対して28錠タイプのトリキュラーは21錠タイプのように薬を飲まない期間がありません。
シートの後半にはホルモン剤が含まれていない偽薬が1週間分あります。
この偽薬は厳密にいえば服用しなくても支障はありません。
ですが、飲み忘れを防ぐためにも、できる限り飲み続けるのがおすすめです。

28錠タイプのトリキュラーは1シートを飲み終えた翌日からまた新しいシートを飲み始めます。
21錠タイプが21日間薬を飲み続けるのに対して、28錠タイプのトリキュラーはそれこそ途切れることなく薬を飲み続けることになります。

トリキュラーは錠剤の数、その種類によって服用方法が微妙に異なってくる、この点だけはトリキュラーを購入する際に押さえておくといいでしょう。
避妊効果についてはこの2つで大きな違いはなく、あくまで飲み忘れを防ぐことができるかどうかという点で、使い分けていくことをおすすめします。

トリキュラーを2日以上飲み忘れた場合の対処法

トリキュラーは21錠タイプでも28錠タイプでも飲み忘れに注意しなければいけません。
というのも、トリキュラーは続けて飲むことで初めて避妊効果が発揮されるもの、1日でも飲み忘れがあればその避妊効果が得られなくなるわけです。

トリキュラーの飲み忘れは前回の服用時間から24時間が経過しているのかどうかで対応が異なってきます。
もしもそれが24時間以内であれば、飲み忘れに気が付いた時点で服用すれば何ら問題はありません。
ただ、飲み忘れがあった翌日分の服用からはまたピルを飲む時間帯を元に戻していきます。
時には1日に2錠ピルを飲むことになるため、この点は注意しておきましょう。

ピルの飲み忘れが24時間以上たってしまった場合、飲み忘れが2錠続いてしまうと避妊効果は薄れてしまいます。
対処としては一度、シートの途中で服用を中止してそこで生理を起こさせていきます。
その後、新しいシートで服用を再開することで避妊効果を継続することが出来ます。

基本的に一度飲み忘れで中止したピルシートはそのまま処分していきます。
こうした飲み忘れが頻繁にあれば、その分お金がかかってしまうため注意しておきましょう。
そして、飲み忘れがあった場合、それが避妊効果を期待しての服用であれば尚のこと、コンドームの使用を徹底することをお勧めします。

ピルはそれだけでも高い避妊効果がありますが、飲み忘れによって妊娠の可能性が高くなることもあります。
ピルの飲み忘れがあったときはもちろんですが、むしろ日ごろからコンドームの使用を徹底することで、望まぬ妊娠を避けることが出来ます。
自身の体にかかる負担を考慮しても、こうした工夫が大切なポイントになってきます。