ピルの服用と乳がんは関係性がある?

避妊薬として使用される低用量ピルですが、実は服用することで乳がんにかかりやすくなるという噂があります。
その話は本当なのでしょうか。
ピルと乳がんには関係性はあるのでしょうか?まず、それぞれの特性について調べてみましょう。

ピルとは卵胞ホルモンとプロゲステロンが配合された、ホルモン薬です。
卵胞ホルモンには女性の体内の卵胞の熟成を促して、精子が卵子と結びつきやすい状態に体を整える作用があります。
そして、プロゲステロンには、妊娠の体の状態を継続させる作用があります。
つまりこのふたつのホルモンが女性の体内にある状態は「妊娠している」か「排卵後から次の月経がくるまでの待機時間」の、どちらかなのです。
低用量ピルの避妊作用はこのふたつのホルモンによるものなのです。

次に乳がんですが、これは乳房の乳腺の細胞に異常が起きることで発生するがんです。
そして、乳がんの60~70%はホルモンの影響を受けているとされています。
卵胞ホルモンが乳がんの細胞内にある受容体と結びつくからです。
このようにホルモンを取り込んで増殖するタイプの乳がんを「ホルモン感受性腫瘍」と呼びます。

さらに米国国立癌研究所の発表によると、プロゲステロンにも一部の乳がんの増殖を刺激する作用があると報告されています。
では、ピル服用によって乳がん発症率は上がるのでしょうか?答えは、「不明」です。
実は、最近の研究では低用量ピルの使用によって乳がんリスクが増加する可能性は低いことがわかってきたのです。
血の繋がった家族に乳がんにかかった人がいる女性が、どの種類の低用量ピルを服用しても、そして、どのくらい長期にわたり服用しても、乳がんの発症率は増加しません。

しかし、乳がんはホルモン感受性腫瘍ですので、過去に乳がんにかかったことがある人や現在患者である人が、ピルを服用するのは乳がんの悪化を促進する可能性があります。
関係性があるとするならば、過去にこの病歴がある女性でしょう。

女性の乳がんの発症率について

乳がんの発症率についてですが、近年日本人女性が乳がんにかかる確率は以前より上昇傾向にあります。
日本人女性では数年前までは25人に1人が乳がんにかかるという統計結果でした。
ところが、現在では20人に1人の可能性にまで増えてきました。
これは低用量ピルの服用の有無に関係なく検査した結果です。
アメリカでは現在8人に1人の割合でかかるといわれていましたが、そう遠くない将来日本もアメリカと同じようになると言われています。

このようにもともと発症率が高い乳がんですので、ピル使用の有無に関係なく女性は年に一度は乳がんの検査を受けてほしいと言われています。
さらに、子宮頸がんの検査も合わせて受けてほしいところです。
子宮頸がんは、セックスが原因で感染するヒトパピローマウイルスというウイルスが、子宮頚部に何らかの理由で感染したことが主な原因であるとわかってきました。
つまりこれは、セックスをするようになればどんな女性にでも発症する可能性があるということです。
子宮頸がんと低用量ピルとの関係性ですが、5年間にわたってピルを服用すると、子宮頸がんリスクがわずかに増加し、10年内服するとそのリスクが2倍になると言われています。
ですので、子宮頸がんについても一年に一度は必ず検査を受けてほしいというのが現状です。

正確性に乏しい情報には惑わされないように気をつけながらも、乳がんの検査と子宮頸がんの検査は、成人した女性であれば必ず健康診断などで受診してほしいものです。
自分の身体は自分で守るしかありません。
早期に発見することができれば、がんのリスクは軽減します。
低用量ピルの服用の有無を問わず、検診を受けるように心がけてください。