低用量ピルが女性の身体に優しい理由

低用量ピルとは、錠剤1錠に含まれる黄体ホルモンの量が、0.05ミリグラム未満のピルを指します。
低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロン)がバランスよく含まれています。
緊急時を除く避妊や月経痛の改善などを目的とする場合、病院で処方されるピルはこの低用量ピルであることが一般的です。
含まれている黄体ホルモンの量によって、様々な特徴があるピルが開発されているため、自分の体質に合ったピルをしっかりと選ぶためにも、その違いを知っておくことが大切です。

低用量ピルが一般的である理由は、錠剤に含まれる黄体ホルモンの量が少ないからです。
黄体ホルモンの量が少ない方が血栓症や高血圧症といった副作用のリスクを減らすことができます。
女性にとって、月経をずらしたり、月経痛を楽にすることには体調とメンタル面、旅行や仕事の予定を立てるときなどに役立てられます。

適切に月経が起こるためには女性ホルモンの働きが重要となります。
女性ホルモンが身体に作用することによって排卵を生じたり、子宮内膜が増えたりします。
女性ホルモンには卵胞ホルモンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が主に知られていますが、この女性ホルモンのバランスをコントロールできるようにするのがピルの役割となります。
ピルには、有効成分として含まれている女性ホルモンの量によって、超低用量ピル、低用量ピル、中用量ピルに分類することができます。

どんなピルを服用する場合でも、女性ホルモンの量をコントロールすることになるため副作用があります。
そのため、黄体ホルモンの量が少なければ少ないほど、副作用を抑えることができます。
低用量ピルや超低用量ピルは黄体ホルモンの含有量が少ないことから、副作用をかなり抑えることができます。
特に、最も最近開発された第4世代のピルには、ドロスピレノンという黄体ホルモンが使用されており副作用がかなり抑えられているという特徴があります。

世代別に見る低用量ピルの紹介

ピルは、そのホルモンの種類の違いから、第1世代、第2世代、第3世代、第4世代の4つに分けることができます。
その違いとは、それぞれ含まれている黄体ホルモンの種類が異なるということです。

第1世代のピルにはノルエチステロンという黄体ホルモン剤を使用されています。
第1世代のピルではどうしても黄体ホルモンの含有量が多くなる傾向があります。
しかし、アンドロゲン作用と呼ばれる男性化症状が少ないという特徴があるため根強い人気があります。

第2世代のピルでは、レボノルゲストレルが黄体ホルモンとして使用されています。
第2世代のピルはサイクルコントロールがよくされており不正出血が最も少ないことが特徴です。
ただし、第2世代のピルは少しアンドロゲン作用があるため、体毛が濃くなる、体重が増える、ニキビの原因になるとも言われています。
この第2世代のピルとして代表的なピルがトリキュラーです。
日本で人気が高く、一番服用されています。
トリキュラーは、月経の周期をきっちり28日にコントロール出来るため、体調管理や旅行、運動、仕事、試験の計画をきちんと立てられる点で人気があります。

男性化作用(アンドロゲン作用)を抑える研究が進められ開発されたのが第3世代のピルです。
第3世代のピルは、デソゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。
そのため、アンドロゲン作用を抑えられるという特徴があります。
海外では、にきびの治療や多毛症の改善にも処方されています。
マーベロンがこの世代の代表的な低用量ピルです。
マーベロンは、消退出血(月経による出血)が合ったとしても2日~3日程度で収まり、不正出血が少なくて済むという特徴があります。

第4世代のピルはドロスピレノンと、エチニルエストラジオールが主成分です。
この第4世代のピルは超低用量ピルとも呼ばれ、黄体ホルモンの含有量がかなり少なく抑えられています。
第4世代の代表的なピルであるヤーズは女性ホルモンが従来のものより少なく、黄体ホルモンも女性体内で生成されるものと近い働きをもっています。
そのためヤーズはピルの副作用がかなり抑えられます。