低用量ピルとアフターピルの違いについて

低用量ピルとアフターピルにはその服用方法に大きな違いがあります。
用途に関しては低用量ピルが避妊目的の他、生理痛の緩和などに用いられるのに対し、アフターピルは避妊目的にのみ用いられます。

具体的な服用方法の違いとして、低用量ピルは一度飲み始めるとその後継続的に飲み続ける必要があります。
それこそ、1日も欠かすことなく錠剤を飲み続ける必要があり、飲み忘れが2錠以上になるとその時点で避妊効果が得られなくなるため注意が必要になってきます。

それに対して、アフターピルの服用方法はどういったものなのでしょうか。
第一の違いとして、アフターピルは性行為があった後、72時間以内に錠剤を服用します。
低用量ピルとは違い、日本で認可されているアフターピルは1回の服用だけで避妊の効果を得ることが出来るため、飲み忘れのリスクは軽減されています。

避妊目的であれば用途にそこまで違いはありませんが、その服用方法、タイミングや飲み忘れのリスクに関しては違いが明らかです。
手軽さでいえば毎日欠かさず服用しなければいけない低用量ピルよりも、一回の服用で効果があるアフターピルの方が魅力的ではありますが、その分体への負担が大きくなるのがマイナス点です。

そもそも低用量ピルが約1か月をかけて体の中のホルモンバランスを変化させていくのに対して、アフターピルはたった1回の服用でそれを行っていきます。
錠剤のホルモン成分含有量が大きく違ってくるため、その分体への負担が多くなるわけです。

ピルを服用すると何かしらの副作用はあらわれるものですが、低用量ピルの場合には継続利用によってその症状は治まっていきます。
ただ、アフターピルの場合、人によっては吐き気や頭痛などによって日常生活にも支障をきたしてしまうケースもあるため、注意が必要です。
変に体に負担をかけたくないというのであれば、例え毎日錠剤をのまなければいけないとしても低用量ピルを服用するのがおすすめになってきます。

低用量ピルとアフターピルの併用に意味はある?

低用量ピルは基本的に飲み始めて1週間から避妊効果が発揮されます。
そのため、低用量ピルを毎日飲み続けている限りは避妊効果は持続された状態、つまりはアフターピルを使用する必要はないというわけです。

ただ、低用量ピルの服用を始めてから1週間未満の場合、何かしらの理由で低用量ピルの効果が得られないと分かっている場合にはアフターピルを服用する必要性も出てきます。
この場合でも、アフターピルの服用は性行為があってから72時間以内です。
この服用のタイミングが早ければ早いほど妊娠の確率を低くすることができるため、妊娠を望まない場合には早め早めの行動がカギとなります。

アフターピルを服用したのが排卵前のタイミングであれば、ピルを服用してから数日で生理が始まります。
このタイミングが排卵の後であった場合には多少生理のタイミングがずれますがそれでも妊娠していない限りは生理が訪れます。
もしもアフターピルを服用してから21日がたっても生理が来ないようであれば妊娠している可能性もあるため、一度検査を受けるようにしましょう。

アフターピルはちょうど排卵のタイミングで服用した場合、妊娠の確率が約2倍になるという調査結果があります。
もちろん、2倍になったところでそもそもの妊娠の確率が低いのでさほど心配する必要はありませんが、アフターピル服用後の生理が訪れるタイミングには気を付けておくといいでしょう。

少なくとも、低用量ピルを正しく服用している間はアフターピルは必要ないこと、アフターピルを服用するのは低用量ピルの飲み始めや飲み忘れがあったときにだけ、この点はしっかり押さえておきましょう。
アフターピルを服用した後に低用量ピルを服用する場合には、また生理のタイミングで使用を開始すれば問題はありません。