女性ホルモンの減少で生じるリスク

10代後半から20代は女性の一番美しい時で、女性ホルモンのおかげで肌がしっとりつややかになって、体型も丸みを帯び、女性としての魅力も増します。
しかし、30代の後半くらいからは女性ホルモンが減少していきます。
せっかくのツヤツヤお肌もかさついて来たりしわが出てきたりします。
髪にもつやが減り、髪の量も減ってきます。
女性ホルモンというものは加齢だけではなく仕事のストレス、そして、引っ越しや転職などの環境の変化や、睡眠不足、栄養不足などの、生活習慣の乱れなどによっても減少してしまいますので、きわめてデリケートなものです。
ですから、疲れているときは自分をいたわってあげることも大切です。

女性ホルモンは二つの、エストロゲン、プロゲステロンからなっていますが、これらが不足するとリスクがたくさん生じてしまいますので気をつけなければなりません。
しかし、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが不足するとリスクが大きいと言われても、加齢で不足してしまった場合はもう自分で増やすことは難しいので、他の手段から補う必要性があります。
お医者さんに行ってホルモン注射をするということも可能ですが、副作用が起きる場合もあり、ごく自然に食物、例えば大豆を主原料とした豆料理や豆乳飲料などを多く摂るという工夫をすればよいです。
あるいは漢方薬や、サプリメントでエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンを整える方法があります。
食べ物として摂る場合でも、漢方やサプリで摂る場合でも即効性があるわけではありませんが次第に状況は改善されていくでしょう。
こころして、体調が不十分だなと感じたら、このようなものを意識的に利用してみましょう。

誰でも当然すごく若くて元気がみなぎっている時から調子は下降線をたどっていきます。
その体の急激な変化を緩やかなカーブにすることで落ち着いた日々が過ごせるようになるでしょう。
急激な女性ホルモンの変化はリスクが高くなります。

女性ホルモンの減少を放置するとどうなってしまう?

何の対処もせずに女性ホルモンの減少をそのままにすると、困ったことがたくさん起きます。
まず、月経周期の乱れが起き、月経の量も不安定になります。
それを月経異常と言います。
月経異常は不妊の原因にもなりやすいです。
また、見かけも老けていきます。
しわや白髪、薄毛の原因も女性ホルモンの減少にあります。
また、気分が不安定になりやすく、怒りっぽく攻撃的になったり、不安になったりという、心の安定が損なわれる可能性があります。

そして、骨を丈夫に保つことが難しくなりますので骨折もしやすくなる可能性が高まります。
怖いのは血管を守る成分が減るために動脈硬化の可能性もぐんと高まってしまいます。
女性ホルモンを補うべく、大豆製品などの摂取を心がけることで、月経周期はまた整っていく可能性があります。
また、それと共に生活習慣も見直し、健康的な生活を心がけるべきでしょう。

体調が乱れてしまったりすることは誰しもある事です、自分にやさしくして、いたわってあげることが健康を維持していく秘訣となります。
自分同様にパートナーの方にも気を配り、お互いに調子が悪い時にはやさしく言葉かけをして助け合ってやっていくことで、大変な時期を乗り越え、落ち着いた毎日が取り戻せるでしょう。
自分のことだけではなく周りを見る心の余裕も持ちましょう。
働く女性が多くなり、女性の負担も多くなっています。
子供をもちたいと思うならば、なおさら女性ホルモンの状態が整うようにしましょう。
産婦人科のお医者さんに相談して体を診てもらって過ごしていけば、不安は解消するでしょう。
不安感というものも、体調を狂わせてしまう要因になります。
不安を取り除くよう、かかりつけ医を持つことも大切です。