女性ホルモン異常に使われるピルの種類

女性ホルモン異常に使われるピルの種類として高用量と中容量のピルがあります。
高用量ピルとは、卵胞ホルモンの含有量が50μgより多い薬のことを言います。
高用量のものを服用することで、卵胞ホルモンを豊富に摂取することができることから、月経周期の改善、無月経・月経困難症の改善などに用いられます。
また、卵巣機能不全による不妊症の治療にも高用量ピルは利用されます。

現在では、高用量ピルは、月経異常による女性器系疾患の治療、しかもより強い効能が必要である場合にのみ利用される薬です。
その理由は、他の種類と比べて副作用が強いからです。
服用のためには、医師による処方が必要な薬となっています。
高濃度の女性ホルモン剤である高用量ピルは、現在では、子宮内膜症や不妊治療などの病気の治療のために使われることがほとんどです。

他方、中用量ピルは卵胞ホルモンの量が50μgの薬のことを言います。
中用量のものは高用量のものよりも卵胞ホルモンの量が少ないため副作用が少なくなるという特徴があります。
高用量ピルにせよ、中用量ピルにせよ、現在ではホルモン異常によって発生する子宮内膜症や月経異常に使われるものです。
特に、子宮内膜症は重症化してしまうと不妊症の原因となったり、外科手術が必要な場合も出てきます。
現在、中用量ピルが避妊のために使われることはほとんどありません。

高用量、あるいは中用量のピルを服用することによって、子宮内膜が厚くならないようにする=月経を止める、という方法が子宮内膜症の改善には有効な手段であるとされています。
このように、高用量や中用量のピルは日本では病気の治療のために使用されることがほとんどです。
治療を目的としたものとなるため保険が適用されます。
医療費が負担となる方にとっても、利用しやすい薬となっています。
病院で治療される薬となるため、しっかりと医師と相談した上で処方してもらうようにすることが大切です。

更年期障害にもピルは使用されます

ピルは、子宮内膜症や月経異常だけに処方される訳ではありません。
更年期障害の場合にもピルは処方されることがあります。
更年期障害の場合にもピルが処方される理由は、更年期症状の多くが、卵胞ホルモンの減少によって生じるものであるからです。

日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳と言われており、その前後10年間(45歳~55歳)を一般に更年期と呼びます。
しかし、これは平均的に更年期障害が起こる年齢とされているもので、これよりも早い時期に更年期障害が起こる場合もあります。
更年期には、女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンの分泌量が低下してしまうため、心身に様々な症状が出るようになります。
これが更年期障害です。
更年期障害は、女性ホルモンの量が急激に減ることによって、イライラやほてりなどの症状が起こります。

更年期障害の症状が軽い場合や初期段階の場合には、体調を見ながらピルを用いて治療をすることがあります。
また、更年期障害の治療を目的とするだけではなく、更年期障害を予防するためにピルを使用することもあります。
更年期になると急激に減少してしまう卵胞ホルモンを緩やかに減少させることによって、起こるかもしれない身体の不調を未然に防ぐことを期待することができるからです。

ただし、現在ピルを使用する場合、40代以上の女性が使用すると、血栓症のリスクが高まることがわかっています。
以上のことから、40代になって始めてピルを服用することによって軽い更年期障害を治療することを目指すよりも、30代からピルを服用することによって女性ホルモンを安定させることで、それ以降に生じる更年期障害を予防したり、平均よりも早い時期から始まる更年期障害を改善するために服用する場合が多いです。