トリキュラーを使ったことがあるなら通販で常備するの記事一覧

  • 2018.04.15

    低用量ピルが女性の身体に優しい理由

    低用量ピルが女性の身体に優しい理由 低用量ピルとは、錠剤1錠に含まれる黄体ホルモンの量が、0.05ミリグラム未満のピルを指します。 低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロ...記事の詳細

  • 2018.03.16

    日本と海外のピル使用率に差がある理由

    日本と海外のピル使用率に差がある理由 フランスが40%、イギリス30%、ドイツ50%に対して日本はわずか2%しかない、これは女性のピル使用率です。 日本の医療は世界を牽引している立場の物が...記事の詳細

  • 2018.02.12

    女性ホルモンの減少で生じるリスク

    女性ホルモンの減少で生じるリスク 10代後半から20代は女性の一番美しい時で、女性ホルモンのおかげで肌がしっとりつややかになって、体型も丸みを帯び、女性としての魅力も増します。 しかし、3...記事の詳細

  • 2018.01.08

    ピルの服用と乳がんは関係性がある?

    ピルの服用と乳がんは関係性がある? 避妊薬として使用される低用量ピルですが、実は服用することで乳がんにかかりやすくなるという噂があります。 その話は本当なのでしょうか。 ピルと乳がんには...記事の詳細

  • 2017.12.08

    女性ホルモン異常に使われるピルの種類

    女性ホルモン異常に使われるピルの種類 女性ホルモン異常に使われるピルの種類として高用量と中容量のピルがあります。 高用量ピルとは、卵胞ホルモンの含有量が50μgより多い薬のことを言います。...記事の詳細

  • 2017.11.04

    アフターピルと中絶手術はどちらが安全?

    アフターピルと中絶手術はどちらが安全? 望まぬ妊娠を避けるために服用するアフターピル、多くは性行為があってから48時間以内に服用を開始するのがベストとされています。 アフターピルは服用する...記事の詳細

  • 2017.10.05

    低用量ピルとアフターピルの違いについて

    低用量ピルとアフターピルの違いについて 低用量ピルとアフターピルにはその服用方法に大きな違いがあります。 用途に関しては低用量ピルが避妊目的の他、生理痛の緩和などに用いられるのに対し、アフ...記事の詳細

  • 2017.09.03

    ピルは自分の身体に合わない場合もある

    ピルは自分の身体に合わない場合もある ピルは錠剤に含まれるエストロゲンの含有量により低用量と中高用量があり、市販はされていないため医師の判断の元処方される薬です。 一般的には副作用の発生リ...記事の詳細

  • 2017.08.07

    喫煙とピルの相性は最悪です

    喫煙とピルの相性は最悪です ピルはその世代によって多少の違いはあるものの、ほとんどが血管を細くしたり、血液をドロドロにしてしまうなどの諸症状があらわれてしまいます。 もちろん、健康な状態で...記事の詳細

  • 2017.07.20

    ピルの副作用の眠気に注意

    ピルの副作用の眠気に注意 子供ができてしまうと困る状況では、避妊をする必要があります。 結婚をしていない男女では、深刻な問題になってしまうこともあります。 ですから、事前に二人が協力をし...記事の詳細